合宿免許が安い理由

運転免許を取得するためには、ほとんどの人が教習所に通い学科や実技の講習を受けます。教習所に通って講習を受ける通学免許と、教習所に宿泊して講習を受ける合宿免許がありますが、一般的には合宿免許の方が安いと言われています。合宿免許の場合、宿泊費や食事代などもかかりますが、それらも含めた教習料金でも通学よりも安くなることがほとんどです。

なぜ必要経費が多いはずなのに、費用が安く設定されているのでしょうか。通学の場合、生徒それぞれが自分の都合の良い時間に講習を受けます。自分が講習を受けたくても空きがなかったり、中途半端に時間が空いてしまうということも起こり得ます。

教習所側から見ても同じことで、講習を行っているにも関わらず生徒が集まらなかったり、土日や連休など特定の日に希望が偏ってしまい効率良く講習を行えないこともあります。合宿の場合、2週間程度の決まった期間で集中して講習を行うため効率が良く、無駄な空き時間が発生してしまうこともありません。あらかじめどれだけの人数が参加するのかわかっているので、人件費も抑えることができます。収入も支出も見通しが立ちやすいため、料金も安く設定できます。

他にも合宿免許の費用が安くなる要因はいくつかあります。あまり安いとそれを不安に感じるかもしれませんが、安さには必ず理由があります。安さが理由ではありませんが合宿にはデメリットもあるので、安さの理由や合宿免許のデメリットについて説明します。