デメリットはあるのか

合宿免許は費用の安さが大きなメリットとなっていますが、当然デメリットもあります。合宿は通学に比べて短期間で免許を取得できるとはいえ、通常2週間前後かかります。講習は朝から夜まで行われるので、会社員はもちろんフリーランスなど在宅で仕事ができる人でも、期間中は仕事を休む必要があります。学生や夏休みなどでまとまった休みが取れるのであれば良いですが、2週間休むデメリットの方が大きくなってしまったりそもそも不可能という人もいます。

通学の場合、試験に落ちたとしても時間をかけて通えば免許を取ることは可能です。合宿でも期間内に卒業試験に合格しなくても講習や試験を受けなおすことは可能ですが、追加料金がかかることもあります。補講が必要になったがもう休みが残っていない、という事態も起こりえるので、余裕を持って日程を空けておかないと後で困ることもあります。

合宿の方が試験が甘くて受かりやすい、と言われることもありますがそのようなことはありません。確かに合宿免許の合格率は高めですが、短期間に講習を受けられるため、忘れてしまう前に試験ができるというのが理由と考えられます。また地方の交通量の少ない道路で練習ができるという理由が挙げられることもありますが、免許を取得した後に交通量の多い道路での運転を困難に感じることもあるので、メリットでありデメリットでもあるといえます。