デメリットはあるのか

合宿免許は費用の安さが大きなメリットとなっていますが、当然デメリットもあります。合宿は通学に比べて短期間で免許を取得できるとはいえ、通常2週間前後かかります。講習は朝から夜まで行われるので、会社員はもちろんフリーランスなど在宅で仕事ができる人でも、期間中は仕事を休む必要があります。学生や夏休みなどでまとまった休みが取れるのであれば良いですが、2週間休むデメリットの方が大きくなってしまったりそもそも不可能という人もいます。

通学の場合、試験に落ちたとしても時間をかけて通えば免許を取ることは可能です。合宿でも期間内に卒業試験に合格しなくても講習や試験を受けなおすことは可能ですが、追加料金がかかることもあります。補講が必要になったがもう休みが残っていない、という事態も起こりえるので、余裕を持って日程を空けておかないと後で困ることもあります。

合宿の方が試験が甘くて受かりやすい、と言われることもありますがそのようなことはありません。確かに合宿免許の合格率は高めですが、短期間に講習を受けられるため、忘れてしまう前に試験ができるというのが理由と考えられます。また地方の交通量の少ない道路で練習ができるという理由が挙げられることもありますが、免許を取得した後に交通量の多い道路での運転を困難に感じることもあるので、メリットでありデメリットでもあるといえます。

料金が安い教習所

合宿免許の料金が安いのにはいくつか理由があります。通学の場合、教習所は交通の便が良い場所や送迎車などがなければ集客が見込めません。教習所には練習場など広いスペースが必要になるため、土地や施設を作るための費用は立地によってかなり変わります。都心部や駅に近い場所であれば土地が高くなり、不便な場所で送迎車が必要であればその費用もかかります。合宿の場合は地方にある教習所も多く、期間中に送迎を行う必要もありません。単純に教習所にかかっている費用が少ないというのも、料金を抑えられる理由の一つです。

合宿免許の中でも、さらに料金が低い教習所もあります。たとえば宿泊先が教習所の所有している建物であれば、提携先のホテルなどを利用するよりも費用は抑えられます。中には生徒が合宿中自炊するという条件で、食事代が含まれない教習所もあります。

合宿の場合観光やその他のサービスを行っていることもありますが、当然余計なサービスがなければ安く済ませることは可能です。また期間内に卒業試験に受からなかった場合の延長料金を無料としている教習所では、あらかじめ基本料金に上乗せしていることもあるので高くなりますが、実際に延長した場合は結果的に安くなります。このように様々な理由で料金が変わるため、金額だけでなく内容もよく比較した方が良いでしょう。

合宿免許が安い理由

運転免許を取得するためには、ほとんどの人が教習所に通い学科や実技の講習を受けます。教習所に通って講習を受ける通学免許と、教習所に宿泊して講習を受ける合宿免許がありますが、一般的には合宿免許の方が安いと言われています。合宿免許の場合、宿泊費や食事代などもかかりますが、それらも含めた教習料金でも通学よりも安くなることがほとんどです。

なぜ必要経費が多いはずなのに、費用が安く設定されているのでしょうか。通学の場合、生徒それぞれが自分の都合の良い時間に講習を受けます。自分が講習を受けたくても空きがなかったり、中途半端に時間が空いてしまうということも起こり得ます。

教習所側から見ても同じことで、講習を行っているにも関わらず生徒が集まらなかったり、土日や連休など特定の日に希望が偏ってしまい効率良く講習を行えないこともあります。合宿の場合、2週間程度の決まった期間で集中して講習を行うため効率が良く、無駄な空き時間が発生してしまうこともありません。あらかじめどれだけの人数が参加するのかわかっているので、人件費も抑えることができます。収入も支出も見通しが立ちやすいため、料金も安く設定できます。

他にも合宿免許の費用が安くなる要因はいくつかあります。あまり安いとそれを不安に感じるかもしれませんが、安さには必ず理由があります。安さが理由ではありませんが合宿にはデメリットもあるので、安さの理由や合宿免許のデメリットについて説明します。